賃貸と比べて分譲が有利な点は?

購入するのと借りるのとでは、対象となる物件にも違いが出てきます。

土地価格が高騰していたころ、いわゆる土地信仰と逆に「一生をかけて高いロー
ンを負担するより、ほかにお金を使って生活を充実させよう」と、賃貸を選択する考
え方が一時的に芽生えました。が、昨今は土地価格が下落し、家賃と同程度のローン
で資産を入手できる時代となったため、賃貸より分談を希望する方が増えているようです。

資産を持つことのメリット

分譲マンションは、ローンを完済すれば自分のものになります。
右肩上がりの時代は、マンションを住み替えることによって、よりより住戸を手に入れることもできました。
しかし今はデフレの時代。資産価値が横ばい、もしくは右肩下がりの時代ですから、そのような期待はできません。
とはいえ、残存価値がゼロになるわけではありませんから、処分すればいくらかの金額は手元に残ることになります。
マンションを売るという決断をしたあなたの為に>>

分譲マンションの場合、家賃はありませんが、固定資産税などの税金、管理費、修繕積立金や大規模修繕の費用負担が発生しますので、
必ずしも賃貸マンションにくらべて経済的メリットがあるとはいえません。今の時代、「資産を形成する」というより、
むしろ「資産を所有する」「持ち家をもつ」ことによるメリットがあると考えたほうがいいでしょう。
具体的には、自己所有であるため気兼ねなく使えること、将来家族構成が変化した
場合に自由に(管理組合規則の範囲内であれば)リフォームできることが挙げられます。
リフォームすることにより、より豊かな理想空間に近づけることができるのは、持ち家ならではのメリットです。

FF156