マンションのメリットとは?

利便性のよい地域に住むことができる
マンションのよさがもっともよく現われているのは、都会での生活が可能になると
いう点です。職住近接となり、利便性が高まり、家族の触れ合う時間が多くなること
は都会に住むことのメリットです。単身者やお年寄りにとって、周辺施設が充実して
いる地域に住むことは、何よりもありがたいことです。
しかし、都心に近く利便性のよい土地は価格が高く、住宅用地として購入すること
が困難です。その点、マンションは土地権利を複数の居住者と共有するため、土地の
負担割合が戸建てにくらべて低く、都心の利便性のよい土地に住むことが可能となり
ます。

都心部において、同一地域内の購入価格における、戸建てとマンションの住戸面積
を比較すると、マンションのほうが広い面積を確保できる傾向にあります。また、階
段などの移動空間を共有しますから、戸建てと同じ面積であれば、有効に利用できる
面積がより大きいといえるでしょう。マンションでは都心部の高額な土地でも、土地
の負担率が小さいので、その分、購入価格を抑えることができるのです。

戸建てにくらべて割安感がある
逆に建物が償却を迎えるころには、一戸当たりの土地の持ち分が少ないため、わずかな資産価値しか残りません。
価格的に購入しやすいというメリットがある半面、将来的にはそれがデメリットになりえることに注意が必要です。
購入前にメリットとデメリットをしっかり把握する>>

◇マンションのメリット◇
・駅の近くなど、交通アクセスのよいところに建てられることが多い。
・都心に近く、病院や学校などの周辺施設が整っている場所での購入が可能。
・仕事と暮らしの地域距離が短くできる。
・耐火性や耐震性に優れた構造が多く、共有でのセキュリティ機能は高い。
・住戸内にフラットな空間をつくりやすく、空間を広く、バリアフリーにしやすい。
・大規模の喝合、共有施殴(ホール、典会所、託児所など)を豊かにすることが可能。
・断熱性、気密性に優れた建物が多い。
・高層階で、に優れた住戸が可能。
・共同管理のため、一戸建てのようなメンテナンスが不要。
・ゴミ出しが24時間いつでも可能

FF195